MPAWORKS

MPAWORKS一覧

Photo by 伊藤宙子様

[総評]

ベビグラファーデビューめでとうございます。赤ちゃんのいい表情を引きだして撮影するのがとても上手です。ベビーとのコミュニケーションを大切にされていることがよく分かります。より良い作品づくりのために、ベビーとママの美術面への配慮を意識していきましょう。

 

[224]

うつ伏せができて凄く嬉しそうなフェイスサインが出た瞬間をうまく撮れています。「ママ~!」というベビーの気持ちがとても伝わる作品です。表情がとても良いので、目やにやよだれが目についてしまってもったいないです。ベビーの美術面も撮影時に気をつけるようにしましょう。

[784]

満面の笑顔に、可愛いえくぼ。しっかりとカメラを見てリラックスしている様子が伺えます撮影者が丁寧な関わりを取っていたことが伝わる作品です。小物の取り入れ方も上手です。真上ショットは逆光の状態ではないので、露出を上げすぎると、オーバーになってしまいます。少し露出が高いので、適正露出を見極めましょう。

[449]

親子のふれあいの様子を撮影したお写真ですね。ママとベビーの顔の距離が遠いので、もっと二人の顔が近くにあるとより親子の親密な感じが表現できます。また、「ママの横顔が綺麗なので真上からのショットにした」とありますが、鼻の穴が目立つ姿勢になっていること、前髪の乱れ、洋服のインナーの見えなど綺麗な横顔が少し残念な表現になっています。真上ショットの場合、ママは、下側の腕を頭の下に入れて腕枕をすると、鼻の穴が目立たない見え方になりますので、次の撮影の時に試してみてください。ママへの細かな美術面での配慮もできるとさらに作品として良くなります。真上ショットの柔らかい光は上手にコントロールできています。

CATEGORIES

201907baby, MPAエキスパートコース, ベビグラファー