MPAWORKS

MPAWORKS一覧

Photo by 河野藍子様

 

【総評】

マザーフォトミックコースデビューおめでとうございます!妊婦のポートレートが撮影できています。さらに表現力を高めるため、手の仕草や姿勢などからの表現にもチャレンジしてみましょう。

 

【059】

妊婦の穏やかな笑顔と、ひまわりの暖かい色合いから、妊婦の幸せな気持ちと出産の喜びを感じる一枚です。妊婦の手が優しくお腹に触れ、お腹の中の赤ちゃんの存在も感じられます。しかしお腹を包み込む手がヒマワリの茎の前ボケで隠れていたり、手先が切れていることで、構図や画面構成の詰めの甘さもあります。

 

【261】

作画意図にあるように「残りの妊娠期を沈む夕日をバックに撮影した」ことで、もうすぐ出産に近づくカウントダウンと、出産後新たにスタートする子育ての日々を連想させる印象深い写真になりました。妊婦の表情がわからない分、シルエットで妊婦の気持ちを表現したいところですが、直立不動のため、残りわずかな妊娠期を過ごす妊婦のどんな気持ちを表現したかったのかが伝わらず、妊婦のお腹の大きさを残した体型記録のような捉え方もできます。マザーフォトミックならではの心象風景を撮影するための表現力を鍛えましょう。レンズまたはセンサーの汚れが画面内に写り込んでいます。撮影前後のカメラのお手入れをしっかり心がけましょう。また、構図の水平が少し乱れています。水平線が映る景色で、動きの少ない被写体を表現する際は、構図の水平を保った方が安定します。

 

【292】

お腹を抱え、微笑む姿から妊娠期の妊婦の穏やかで幸せな気持ちが感じられる一枚です。ただ、手から少し緊張も感じられます。表情だけでなく、手の仕草からも妊婦の気持ちを表現できるので、もう少しリラックスした手の表情の演出にも意識を向けてみましょう。曇りの日の撮影だったためフラットな仕上がりの写真になるところ、ススキノ前ボケを入れたことで画面内に奥行き感が出ました。

CATEGORIES

201909maternity, MPAエキスパートコース, マザーフォトミック